薬剤師のバイト求人の実態について

薬剤師のアルバイト求人

薬剤師のアルバイト求人はたくさんの案件があります。 いつでも好きな時に働ける――そんなイメージを持っているでしょうが、それは正しいのでしょうか? ここでは、薬剤師のアルバイト求人について説明したいと思います。
保健師の求人をお探しの方

薬剤師のアルバイトで特に人気があるのは「調剤薬局」と「ドラッグストア」です。 常に求人が出ているほどですから探しやすいです。 逆に言えば薬剤師のアルバイトというのは、この二つに集約されると言ってもいいでしょう。

薬剤師の仕事は製薬会社での「治験」「新薬のセールス」「臨床開発」などがあります。 こういった仕事は正社員求人に限定されています。 拘束時間が長くなりますからアルバイトでは間に合わず正規社員を求めている傾向があるのです。

「調剤薬局」や「ドラッグストア」とひとくちに言いますが、実際には細かく形態が区分されています。 「調剤薬局」の場合は病院の中に併設されている場合もありますし薬局として独立した職場になっていることもあります。「ドラッグストア」の場合はOTC薬品だけを販売することもありますし調剤が併設されている場合もあります。

一番注意しなければならないのは<予想以上に競争率が高いこと>です。 アルバイト求人が大量にあっても求人倍率は高いです。 求人案件が豊富にあれば求人倍率が低いと考えるのが一般的です。

求人を見つけるのは簡単ですが、良い求人は案外見つけにくいです。 薬剤師の仕事はたとえそれがアルバイトという雇用形態でも良い条件がつきます。 「安定した休み」「残業が少ないこと」「高い時給」などです。 働く薬剤師からみたら魅力的な条件が並んでいます。

細かい希望などにも対応できる案件が多いです。こういった優良求人がでればスグに応募者が集まってしまいます。

・求人を見つけても既に応募が締め切っている。
・面接をうけても他の人が採用される。

いずれかになってしまうことも多いです。

求職活動は早めにしてアルバイトの仕事だからと油断しないことが大切です。 まずはどういった業種での仕事を希望するかを決め、そして希望条件を絞り込みましょう。 「休みの希望」「仕事をする時間」「職種」「希望勤務地」などを整理してください。

あまり希望条件が多いと求人が見つからないこともありますので、プライオリティーをつけておきましょう。希望条件でも「どうしても譲れないもの」と「妥協してもいいもの」を分けておくと判断しやすくなります。